Urban-Eskimo / DJ KIYO ( Royalty / 1998 )


disk UNIONの紹介ページには『R&B MIX TAPEブームを作った名品』と紹介されていますが、決して大袈裟な表現ではありません。
実際に「日本にR&Bを根付かせる!」と意気込む西崎信太郎氏も、この作品の虜になった1人で、それが後にUrban Nextというプロジェクトにつながるわけですから、本当にDJ KIYOのインパクトは大きいです。

作品はUK SOUL、GRAND BEAT、New Jack Swingに至るまで、甘さとグルーヴ感満載の内容で、個人的にはside Bの06.Soul II Soul / Jazzie’s Groove⇒7.Queen Latifah / Fly Girl(Piano Inst.)⇒08.Ronny Jordan / Come With Meの流れが大好きです。
当時Queen Latifah / Fly Girl(Piano Inst.)は血眼になって宇田川町を足が棒になるまで歩いて探しました。R&Bに関しては当時メローなものはほとんど聴かずHigher Level Vol.4 R&B JointのDAY sideのようなアップテンポな曲が好きでした。

私もこの作品と出会って10年以上、音楽の嗜好というものは変わるものだなと感じます。
最近ではNeo Comfortや、Smooth Operatorなどに収録されるような浮遊感ある歌物が随分好きになりました。
自分の嗜好が変わったのか?時代が進み、進化したR&Bをようやく聴けるようになったのか自問自答しています。

TRACK LIST(トラックリスト)

side A

01.DJ KIYO / Kiyo’s Intro
02.Misty Oldland / I Wrote You A Song
03.Incognito / Good Life
04.The Sounds Of Blackness / Everything Is Gonna Be Alright
05.Soul II Soul / Love Enuff
06.Ce Ce Peniston / Crazy Love
07.Ava / Forget Me Nots
08.The Affair / Are You Ready
09.Drizabone / Real Love
10.Charlotte / Queen Of Hearts
11.Toni Braxton / I Belong To You
12.C+C Music Factory / Share That Beat Of Love

side B

01.Loose Ends / Don’t Worry
02.The Sounds Of Blackness / Optimistic
03.Sybil / Make It Easy
04.Kiss The Sky / Living For You
05.Mantronix / Got To Have Your Love
06.Soul II Soul / Jazzie’s Groove
07.Queen Latifah / Fly Girl(Piano Inst.)
08.Ronny Jordan / Come With Me
09.Mica Paris / Two In A Million
10.D’Influence / Journey
11.Juliet Roberts / Caugt In The Middle

HIGHLIGHT(試聴)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です