Give Me A Break / DJ KIYO ( Royalty / 1999 )


ROYALTY005

サイトを作る過程でこうして時系列に作品を並べてみると、この作品が今となってはDJ KIYOのキャリアの中でも初期の作品であるという事に改めて驚かされます。この頃から完成されているセンスと、それを形にするスキル。思えばこの作品がきっかけでDJ KIYOに注目するようになったのですが、軸はこの頃から今まで全くぶれていないと感じざるを得ません。当時リアルタイムでこの作品で出会えた事が本当に幸運でした。

Higher Level Vol.3 / DJ KIYO ( Higher Level / 1996 )のページでも書いたのですが、この当時はHip Hopも方向性を反省をもって振り返られるべき時期であり、DJのキャリアを着実に積む人間が増える中でサンプリングミュージックとしてのClassic Hip Hopへの懐疑的、もしくは飽きのような空気が蔓延していたように思います。

知る人ぞ知るなので恐縮ですが、MicadelicFunk Junkというアルバムの「タダシの上でミコスリハン」という収録曲の中で、DARTHREIDERが「最近のHip Hopつまらねーよ、やっぱAbstractでしょ?」なんていうリリックを書くくらいです。
私の周りのDJの中でも本当にそういう意見が飛び交っていました。
Hip Hopばかり流すDJは面白くないという人が本当に増えていったので、新しいものをどんどん取り入れていた自分は当時結構重宝がられました(笑)。

そういった流れの中で、Hip Hopクラブシーンのアーティストたちが生み出していった新たな音楽は、DJ KIYOの作品で説明するなら前作のFresh Modeの中でも新しい潮流として捉えられていたCut ChemistやDJ Shadowがリードする方向性のものがひとつ。
もうひとつはThe Chemical Brothersに代表されるようなエレクトロなアーティストとのミクスチャーというか融合だったような気がします。
本作品はまさにこの後者に注目し、執着したミックスワークと断言できます。そういう意味ではこの作品はFreshな今の時代をしっかりとらえた裏Fresh Modeといっても過言ではないと思います。

Highlightとして選んだものはまさにサンプリングミュージックとは異なるアプローチで作品を作る当時の新進気鋭のアーティストたちの楽曲を見事にミックスしたものと、DJ KIYO自身がBoogie Down ProductionのAcapellaとDrum ‘n’ Bassをブレンドしたものです。

その後ゆっくり時間をかけながら、Hip Hopは進化していきました。
音楽においてはイノベーションは急激には起きないということを肌で感じた体験となりました。

TRACK LIST(トラックリスト)

side A

01.Jean Jacques Perry / E.V.A. ( FATBOY SLIM REMIX )
02.DJ FOOD / Spiral
03.Runaways / Finders Kreepers
04.Tek9 / 2001
05.DEEJAY PUNK ROC / No Meaning ( inst. )
06.Fanatik / Hydro (w/DEEJAY PUNK ROC SCRATCH)
07.Wagon Christ / Piano Playa Hata
08.DJ THOMILLA / Wenn Der Beat Flippt
09.Blackalicious / One Of A Kind
10.Common Ground / Angels Never Fall In Love
11.Josh Virgin / Something Personal
12.Bushy & Professor / Periscope d’Amour
13.Psyche’s Rock / Chopped Up ( COLDCUT REMIX )
14.Masters At Work / Just A Ill Dope
15.Kurtis Mantronik / Push Yer Hands Up ( DJ CASH MONEY SCRATCH MIX )
16.Rareforce / A Quick Flash
17.Purple Penguin / Apollo
18.Howie B / Switch
19.The Eccentric Afro’s / Grover’s Return
20.Quannumm / I Changed My Mind
21.Outcast / Top Floor
22.Propellerheads / A Number Of Microphones
23.Freska Allstars / Get Fresh
24.Bill Ben & Baggio / Pusherman ( THWOMP REMIX )
25.Live And Direkt / Why?
26.A.T.C.Q / Can I Kick It? ( PIMP JUICE BEAT )

side B

01.Nuyorican Soul / Jazzy Jeff’s Theme
02.Clinton / Buttoned Down Disco ( THE SCRATCH PERVERTS REMIX )
03.Pepe Deluxe / B-Boy Breakdown
04.Jungle Brothers / Down With The Jbeez ( KIYO’S BLEND MIX )
05.Boogie Down Production / Who Protects Us From You?
06.Jungle Brothers / Jungle Brothers ( URBAN TAKE OVER REMIX )
07.DJ CAM / Success ( KENNY DOPE REMIX )
08.DJ VADIM / U.S.S.R. Repertoire ( CLATTEBOX REMIX )
09.Automator With Kool Keith / A Better Tomorrow ( Z-TRIP REMIX )
10.DJ REVOLUTION / Neva Come Close
11.Chicken Lips / You Need A Medic
12.Videodrone / Face Plant ( DJ SPINNA REMIX )
13.Push Button Objects / Nocturnal Device
14.The Herbaliser / Ka Boink!
15.Pepe Deluxe / Woman In Blue ( PRESSURE DROP REMIX )
16.The Chemical Brothers / Morning Lemon
17.Cut And Paste / Cut And Paste
18.Freestylers / Spaced Invader
19.DEE JAY PUNK-ROC / I Hate Everybody
20.Kojak / You Can’t Stop It ( DJ SPINNA REMIX )
21.Paul Hunter / Outro

HIGHLIGHT(試聴)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です